忍者ブログ

死神さまと女神さま

▽ちょっと描きたくなったのでぼんやり考えてた部分だけ。
   
 

※ちょっとありえなかったりいつも以上に妄想全開※

死神に疲れてしまったキッドくんがマカちゃんとおやすみプチ旅行…みたいな そんな話です。キッドくんだってまだ人間の皆と同じくらいの14~5歳(推定)なわけじゃない…??背負うもの大きすぎるなって漫画読むたび思う 鬼神倒して、自分が死神として世界をまとめて、きっとキッドくんは一生懸命頑張るんだと思うけど、いつか糸がぷっつり切れるときが…あったりしないかなあ…そういう弱い部分をマカちゃんに見せてほしいなあ…って(突然のきどまか) 

うーんちょっと自分でもごちゃごちゃなのでまとめる…

マカちゃん:
マカちゃんが好きになったのは死神なキッドくんだし、一生懸命頑張るそんなキッドくんのことを心配するけどやっぱり尊敬してる。でももしキッドくんが死神じゃなかったら、って考えちゃうときがないこともない。このまま世界のことも全部ほうりだしちゃってふたりで好きに生きるのもいいなあなんて思っちゃう自分にちょっと嫌気がさしちゃってる… こんなこと考えてる自分がキッドの傍にいていいのかなみたいなことも考えてそう

キッドくん:
死神であることに疲れてしまってでもそんなことは絶対許されないしでもやもや… 死神じゃないただのキッドでもマカちゃんが傍にいてくれるのはわかってるし嬉しいんだけど、こんな自分を見られたくない気もしてる。数日間過ごすなかでついでにマカちゃんのもやもやも見つけてしまう 多分キッドくんはマカちゃんが考えてることなんとなく分かってはいたんだろうけど、どうにもならないことだしじゃあ死神である自分じゃなくて他の誰かと一緒になったほうがマカは幸せなんじゃないか→でも絶対渡したくない でごまかしてきたんじゃないかなあ 

疲れてるのはキッドくんのはずなのに妄想してるとなんかマカちゃんまで病んでしまうんですよね…キッドくんもつらいとマカちゃんもつらい…きどまかは繋がってる……

4Pのひとコマめはなんとなくキッドくんの三本線を手で隠してる風に見せたかったんですけど言われないと全然わかんねえ… キッドくんの三本線を見たくない…じゃないけど 今だけは死神なキッドくんであってほしくないみたいなマカちゃんのこころの表れかな…そんな感じ…

▽ああ〜好き勝手妄想して描くのは本当楽しいなあとしみじみ思いましたいつもだけどー!でもなんというか、ふと最初にきどまか描き始めたころを思い出して、いまよりもっと自由に描いてたような気がしたなあと ちゃんとお話だったりキャラについて小難しいこと考える(まだまだ未熟だけど)ようになるのとは別に、やっぱり人の目…結局ここに行き着くんだ〜〜 まあ逆にログ1〜2なんて何も考えてなさすぎて好きな服に好きな髪型させてたから時系列メチャクチャだったんですけどね 未だにブクマして下さるかたがいて嬉し恥ずかしで変な汗出るありがとうございます…

▽追記(10/31)
書くの忘れてたけど、女神さまなら世界のためにはキッドくん(死神)がいなきゃいけないって言うだろうから→ずっとこのままでいいなんてきっと思わないだろうから になります…どうでもいいね… 死神というじぶんを放りだしてマカちゃんとひっそり好き勝手に生きるバッドエンド(私的にはこれもハッピーエンド)も見たい描きたい

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード